家族

ボケ防止のために脳に良い栄養を与えよう|生き生きと暮らすヒント

脳を使っていきいきと

シニア女性

高齢化社会になった現代に、切っても切れない問題が、高齢者を中心とする認知症です。認知症を発症すると、今いる居場所や記憶が途切れていき、進行すると妄想を語りだすようになったり、日常生活の中で今まで普通に行なっていたことが、だんだんとできなくなってしまうという深刻な問題です。これらの認知症の症状を予防するためには、何気ない生活習慣の中で、脳を使って積極的に考えることをする工夫をすること、また、食生活の見直しでも効果があることが分かりました。あくまでボケ防止や進行を遅らせる効果なので即効性はないかもしれませんが、脳の働きに効果を与える栄養素や食材についての知識を身につけ、自身の予防ケアに役立てたり、ご家族のケアに生かしてみてはいかがでしょうか。

ボケ防止に効果的な栄養素として、中でも比較的有名なものが、青魚に含まれるDHAやEPAといった成分です。脳の神経細胞というのは、生まれた時に持っている数が最高数で、決して増やすことができません。むしろ、加齢とともにどんどん減少してしまうものです。そこでDHA(ドコサヘキサエン酸)を意識して摂り入れるようにすると、残った脳の細胞に働きかけ、記憶する力や考える力を鍛える効果があるのです。日々の食事に魚料理を取り入れ、いつまでも若々しい脳を保てるといいですね。また、赤ワインに含まれるポリフェノールにも、認知症予防に効果があると言われています。こちらはアルコールなので、1日に摂取する適度な量を守って、生活に取り入れるといいでしょう。

ドリンク

ベルタ酵素の評価

健康マニアとして多くの健康食品を摂取していましたが、妊娠しても摂取できるサプリメントにベルタ酵素というものがあります。口コミでも評判のベルタ酵素をぜひ生活へ取り入れてください。

亜麻仁油

ダイエット効果を高める

亜麻仁油に含まれるオメガ3脂肪酸には、ダイエットをすることで厄介に感じられるセルライトを除去する働きがあるといいます。毎日摂取していくことで徐々にセルライトの量が少なくなり、ダイエット効果を高めることができます。

清涼飲料水

酵素ドリンクの違い

健康的に痩せられるということで、巷では酵素ドリンクへの注目度が高まっています。美容成分が配合されているタイプもあり、摂取することで美肌効果も実感できるといわれ、多くのメーカーから製品が販売されています。